ひらめ偏 


私がまだ「ひらめ」と言うあだ名だったころ・・・昭和50年代

あの時代は、やっと女性がブランドに心を揺り動かされてる年代でした
しかし今のように彼氏がそんな高価なものをプレゼントすることはすご〜く稀で
女性は皆、自力で働いて買ってました☆
自力は宜しいよ〜♪彼氏と別れた時に質屋に行かなくて宜しいからね〜

そんな中「ひらめ」だけは少し皆と違ってましたね
木曜日の休みになると琵琶湖のほとりの占い師さんの家にセッコラ通ってました

25年前のこの時から私の「占い人生」の幕はあきました
数え切きれないくら通っては占い師さんのそばにはりついてましたね
占いが好きでたまらなかったですね

すぐにでもプロの占い師になりたい☆
結婚せずに占い師で生きていきたい!ほぼ決心は固まってましたね

しかし、目力の強い占い師さんは、こう言いました
「プロになるのは結婚してからでもいいですよ〜いい奥さんになるから 1度結婚してから
それからまた来なさい」

プロへの決意の固まり始めた、ひらめはだんだん元気がなくなり・・・
しかし食欲だけはあり・・
そんな状態を繰り返し・・・・月日は流れました

そこで決心しました☆
「結婚しよう!」
心に決めたひらめは見合いをバンバンすること25回☆
ついに今の熊さんと結婚☆
占い師の夢をも忘れるくらの勢いで
孫悟空のような子をバンバンと2人生み・・・石のように頑丈に育て☆
約束を果たして☆あの占い師さんのところを尋ねました
しかし・・・占い師さんはご自分の未来を占ったとおりに「離婚」されてて姿もなかったですね

しかし☆ひらめは、こうして占い師になっています
新たな「師匠」のもとで修行することも出来ました          

今ここにいる「ひらめ」こそが陸地で「七色変化」してあなたの前にいる占い師です
竜宮城の秘話などもお聞かせしますよ〜
一度ひらめを尋ねていらっしゃい〜☆

携帯予約アドレス   hi.ra.me.chan@ezweb.ne.jp